本文へスキップ

ソフトの紹介INTRODUCTION

古代史ビューア【麻呂】の基本機能

基本機能

古代史ビューア【麻呂】は、古事記、日本書紀、続日本記、出雲風土記、養老令、懐風藻、萬葉集などのテキストを、主画面上部のタグで選択。右側の操作パネルに語句を入力して、任意のテキストを検索できます。テキストごと用例件数が自動表示され、用例チャートにはテキスト内の分布が表れます。このチャートから任意の用例箇所の表示も可能。ネット環境があれば、選択語句を1クリックでGoogle検索できます。


古代史ビューア【麻呂】の応用機能

応用機能

カスタム検索エディターを装備。研究目的ごとに語句を登録、カスタム検索できます。登録語句は、正規表現が可能。例えば、石上麻呂に関し「((石上|物部)(朝臣|連)?(麿|麻呂)(朝臣)?|(?<=\(7月朔7日\))左大臣)」と登録すれば、日本書紀や続日本記内にある麻呂関係の用例すべてを検索語を変更することなく、上下検索できます。特定人物の事績を時系列で、また文献をまたいで検索すると、歴史の真相が見えてきます。


古代史ビューア【麻呂】の表示機能

表示機能

任意の語句を登録、12種類に強調表示できます。登録語句の選択、追加、編集、削除等は、一語あたり数秒のマウス操作だけで可能。登録された語句は、全テキストで強調表示されます。検索テキストに関連するJPEGやPDFなどの資料を【麻呂】の指定フォルダー内に置いて、任意に表示できます。また検索パネル下部から、登録した外部アプリを起動でき、任意のアプリでテキストや画像の編集を検索作業と並行して行えます。


古代史ビューア【麻呂】の分析機能

分析機能

検索した語句は、文献ごとに用例数が自動表示され、用例チャートには文献内の用例箇所が縦線で表示されます。その縦線をクリックすると、その部分の用例を主画面に表示、原文の内容を確認できます。またカスタム検索画面から、登録した語句すべてのテキスト内の用例分布を表示することも可能。この機能により人物や事績などの相互関係を視覚的に推定できます。推定内容の確認のため、登録された任意の語句を選択して、新たに【麻呂】で検索することができます。


information

電脳企画 BE-ALL 代表 関根 聡

〒940-2032
新潟県長岡市石動町332-12
TEL.090-1378-6100
Mail:kojiki@ozzio.jp